■免研ニュースリリース

2016年04月26日 UP ニュースNO.004

「会員セミナー」報告

第5・6回「免研アソシエイツ会員セミナー」報告

■第5回「免研アソシエイツ会員セミナー」

平成28年4月13日(水) PM6:00連続開催:大阪産業創造館

■第6回「免研アソシエイツ会員セミナー」

平成28年4月14日(木) PM6:00連続開催:大阪産業創造館

■第5回「免研アソシエイツ会員セミナー」講演内容

「補完医療の一つとしてZen禅を学びましょう」2回目の中村住職の講演です。世界の成功者(スティーブ・ジョブス、マイケル・ジョウダン、エリック・シュミット:グーグル会長)が実践している仏教の修行法の一つ。座禅、または瞑想のこと。ジョブス氏「サンフランシスコで禅を学ぶ。捉えにくい物の声が聞こえるようになる。直感が花開く」・・・禅を学んだ者しかわからない感覚。

◆鞍馬山護国院 住職 中村好覚氏

鞍馬山護国院 住職 中村好覚氏

古代から医療と宗教は一体であった。しかし、近現代においては、異質なもの次元の違うものと捉えられる様になった。これは、近代医学が、17世紀フランスのデカルトなどが提唱した心身二元論と機械論的人間観にもとづき人間の体を一つの機械と捉えてきた、その結果、今日の臓器移植や再生医療に発展してきた。一方、こうした近代医療・西洋医学の限界をいち早く察知した米国では、補完代替医療が進展している。現在、米国にある130の医学校の内90校で補完代替医療、特に健康医療における祈りや霊性の重要性を教えている。

隠禅師による「軟酥の法」実践

また、シカゴ大学の全米2000人の医師に対する調査報告では、76%の医師が「信仰が患者の自然治癒能力を高めるのに役立つ」と回答。我国においても明治維新までは、修験者や密教僧により医療と信仰は一体のものであった。私見ではあるが「心身一如」あるいは「心が主、身体が従」と考えており、本宗のご開祖である役行者の「身の苦によって心乱れざれば、証課自ずから至る」と言われている様に、心が重要であると考える。 隠禅師による「軟酥の法」実践

◆当NPO法人理事長 山本英夫氏講演

「病は気から」という言葉が永く言い伝えられていますが、皆さんはどう思っておられますか?私がNPO法人設立して早10年が経ちますが、一貫してこの言葉の医療における重要性を訴えてきました。心の中では「そくなこともあるやろ」と思っている人がほとんどですが・・・・しかし、これからの医療には大変重要な要素になっていくと私は思っています。「気」をいかに高めて、人間本来持っている内面からの治癒力を使う方法を考え利用すべきと思っています。外面から与えられる治療だけでは今発症している政府認定難病指定に306疾患の治療は困難です。もっと自分自身が持っている潜在的な治癒力を信じ利用することが必要です。現代西洋医学の対症療法の医療のみでは難病治療は難しいことをまず知ってください。 当NPO法人の分科会として糖鎖自然医学研究会を設立し「生体分子:糖鎖」の研究・開発を製品化しました。

■第6回「免研アソシエイツ会員セミナー」講演内容

■平吹昭氏:元田辺製薬商事社長講演「糖鎖の評価は?」

製薬メーカーでの開発担当から健康食品分野に参入。その経験から「糖鎖」についてスライド利用にて講演いただきました。生命科学の最先端といわれる細胞のアンテナ:糖鎖を専門家の立場より糖鎖の働き、生命現象の様々な場面で活躍する糖鎖、糖鎖の劣化や異常が病気を引き起こす等など解説。

■山本理事長講演

山本理事長

病は気から」という言葉が永く言い伝えられていますが、皆さんはどう思っておられますか?私がNPO法人設立して早10年が経ちますが、一貫してこの言葉の医療における重要性を訴えてきました。心の中では「そくなこともあるやろ」と思っている人がほとんどですが・・・・しかし、これからの医療には大変重要な要素になっていくと私は思っています。「気」をいかに高めて、人間本来持っている内面からの治癒力を使う方法を考え利用すべきと思っています。外面から与えられる治療だけでは今発症している政府認定難病指定に306疾患の治療は困難です。もっと自分自身が持っている潜在的な治癒力を信じ利用することが必要です。現代西洋医学の対症療法の医療のみでは難病治療は難しいことをまず知ってください。

  

2016年04月01日 UP ニュースNO.003

第5回免研アソシエイツ会員「CAM&糖鎖」情報交換会

 第5回免研アソシエイツ会員「CAM&糖鎖」情報交換会

毎々格別のお引き立て賜り誠にありがとうございます。平素は、免研アソシエイツグループ((株)免研CAM、NPO法人補完代替医療推進センターCAM)に多大なるご支援をいただき重ねて御礼申し上げます。今回は最新情報(好評に販売中の糖鎖エキスの広報活動並びに販売戦略について)と会員各位の報告交換会を中心に2日間に渡り開催します。ご多忙中のことと存じますが、ご参加よろしくお願い申し上げます。

■学術セミナー開催のご案内

開催日時平成28年4月13日(水) 18:00開演〜PM19:30まで 了予定(2日間連続開演)
平成28年4月14日(木) 18:00開演〜PM19:30まで
開催場所大阪産業創造館・6F会議室C  ■会員25名
■大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800
 【交通】 地下鉄中央線or堺筋線「堺筋本町駅」下車徒歩約5分
セミナー内容1◆「補完代替医療と西洋医学を融合したビジネス戦略について」
  糖鎖エキスプレミアムに配合「LPS」が日本TVで2度放映その配合成分とは
  糖鎖とは・・・学術説明 各地で開催の「65歳からの健康を感ず獲る会」報告
     NPO法人補完代替医療推進センターCAM 理事長 山本英夫

(プロフィール)
 田辺製薬OBにて当方人理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。
日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

セミナー内容2◆糖鎖栄養素含有食品の販売実践例の紹介
  参加者による販売実践法とその戦略をご紹介いただきます。
  フリーなディスカッション・・・薬局店主、ベンチャー事業者等々

主 催/協 賛

◆NPO法人補完代替医療推進センターCAM / ◆株式会社免研CAM

お申し込み方法◆FAX又は、電話にてお願いします。
 
【TEL】 06-6943-0122
【FAX】 06-6920-9252
※FAXでのお申し込みは、ご氏名、 住所、連絡先、参加日時をご記入下さい。

2014年11月18日UP ニュースNO.002

CAM&糖鎖学術セミナーと新製品発表会

CAM&糖鎖学術セミナーと新製品発表会

新商品「免研・糖鎖エキスプレミアムLD」の学術セミナー及び商品の説明会を下記のとおり実施いたします。新商品「免研・糖鎖エキスプレミアムLD」は新配合成分である小麦醗酵抽出物LPSは元東京大学副学長・水野傳一先生・学士院賞受賞者が発見・開発され平成4年の講書始で天皇陛下に講義された素材です。※世界特許の小麦発酵抽出物LPS「マクロファージ活性物」日本特許成立。特許4026722号

免研・糖鎖エキスプレミアムLD

免研・糖鎖エキスプレミアムLD

■学術セミナー開催のご案内

開催日時2014年11月21日(金曜日)
開催場所大阪産業創造館・6F会議室C PM6:00〜PM7:30まで ■会員25名

セミナー内容1◆新発売素材「小麦発酵抽出物(LPS特許取得)」開発者の学術講演

セミナー内容2◆新発売製品の価格条件発表とセールスポイント説明

セミナー内容3◆CAMと糖鎖食品の最新情報

2012年06月17日UP ニュースNO.001

第1回免研アソシエイツ・ビジネスセミナー開催

第1回免研アソシエイツ・ビジネスセミナー開催の報告

去る、平成24年6月4日(月曜日)第1回「免研アソシエイツ・ビジネスセミナー」、大阪産業創造館会館にて開催しました。

セミナー会場‐大阪産業創造館

■セミナー開催報告

開催日時平成24年6月4日(月曜日)
開催場所大阪産業創造館
セミナー内容1◆「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」
  西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか? 糖鎖中国進出の最新情報。
  NPO法人補完代替医療推進センターCAM 理事長 山本 英夫
セミナー内容2◆糖鎖栄養素含有食品について並びに販売実践例の紹介〜
   @ 上田先生・漢方専門薬剤師:漢方専門家が見た糖鎖食品の評価
   A 西村講師:永年大手医療関係のコンサルタントの経験者
   B 間講師:大手製薬会社勤務、ドラックストア経営の経験者。
   C 松岡講師:大手健康食品メーカー勤務、独立当会員。
免研シリーズ製品の紹介@ アルツハイマー型・脳血管性痴保に役立つ・・・「免研オメガPS」
   西洋医学的なエビデンスがある製品。資料有。
   大阪市大医学部と尼崎中央病院にての臨床資料の提供と説明。
A 女性のがんに米国にて好評・・・「免研MD-フラクション粒剤・エキス」

■セミナーの目的

この会は、新規事業者並びに今後ニュービジネスを考えておられる方に対して、新ビジネスの提案とその事業を成功に導く方法も提案し、お互いに議論するセミナーです。参加者希望者は、組織の大小を問わず、考え方、人生哲学がある程度同じくする同志の集まりです。このセミナーは同志的結合の会「免研アソシエイツ」が運営しています。

■トップページに戻る